〒530-0036 大阪府大阪市北区与力町6-23
WEB予約

ホワイトニング

Whitening

ホワイトニング|大阪市北区にある歯医者 - 本家歯科医院

ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、ホワイトニング専用の薬剤を使用し、歯の変色を分解して自然な白さに近づける施術です。歯の変色の原因には様々あり、歯の着色や表面の汚れだけの場合クリーニングによって色調を改善することができますが、歯の内面まで変色している場合はクリーニングだけでは白くならないためホワイトニングがおすすめです。

元々歯の色が黄色っぽい方もホワイトニングの効果によって理想の白さに近づくことができます。

こんなお悩みありませんか?

  • 歯を今よりも白くしたい
  • 歯の黄ばみが気になる
  • 成人式や結婚式前に歯を白く綺麗にしたい
  • タバコのヤニによる汚れが気になる
  • 歯の色が気になり思いっきり笑えない

上記のお悩みに一つでも該当すれば、お気軽に本家歯科医院にご相談ください。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングの種類は、歯科医院で行うオフィスホワイトニングとご自宅でマウスピースと薬剤を使用して行うホームホワイトニング、両方を行うデュアルホワイトニングなどがあります。
それぞれメリット・デメリットがございますので、以下よりご確認ください。

ホワイトニングが受けられない方

  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方
  • 重度の歯周病がある方

ホワイトニング後の注意点

  • ホワイトニング後は再着色しやすい状態になるため、カレーやコーヒー等の色素の濃い食事や飲み物は控えてください
  • 喫煙も24時間控えてください
  • ホワイトニング中に痛みが生じた場合は処置を中断してください

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、専用の高濃度薬剤とライトを使い歯科医院で行うホワイトニングです。
一度の施術で白さを実感して頂くことが可能ですが、その分色の後戻りもあります。歯の白さを維持したい方は定期的にオフィスホワイトニングを行う必要があります。
また、理想の歯の白さに一度の施術でならない場合があるため複数回に分けて施術が必要なこともあります。

メリット

  • 一度の施術で白くなりやすい
  • 歯科医院で専門家に施術をしてもらえる
  • 今の歯よりもっと白い歯にできる

デメリット

  • 一度のみの施術だと再着色しやすい
  • 高濃度の薬剤のため歯にしみる可能性がある

オフィスホワイトニングの治療の流れ

1

口腔内の確認を行い歯のクリーニングをします。

2

歯ぐきに薬剤が付着しないよう保護し、歯の表面に高濃度薬剤を塗布します。専用のライトで照射し、薬剤を歯に浸透させます。

3

照射を終え、歯ぐきの保護を取りお口をゆすぎブラッシングします。

4

歯の色見本でご希望の歯の白さを確認します。

理想的な歯の白さになるために追加でホワイトニングが必要な場合は後日再び来院頂き施術を行います。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯科医院で作成したマウスピースに低濃度薬剤を入れて自宅で行うホワイトニングです。
理想の歯の白さに近づけるのは、1日約2時間装着し1~2週間ほどかかります。
オフィスホワイトニングに比べ低濃度薬剤を使用するため歯への刺激は弱いですが、白くなるのに時間がかかります。

メリット

  • ご自身のペースで歯を白くできる
  • 再着色しにくい
  • 歯に対する刺激が弱い

デメリット

  • 一度の装着では白くなりづらい
  • 1日2時間、1~2週間続ける必要がある

ホームホワイトニングの流れ

1

口腔内の確認を行い歯のクリーニングをします。

2

歯型を採取し専用のマウスピースを作成します。

3

自宅でホワイトニングをする前に丁寧にブラッシングを行い、マウスピースに低濃度薬剤を入れ、1日2時間装着します。

約2週間ホームホワイトニングを続け、理想的な歯の白さに近づけることはできますが、その後も定期的に継続することで歯の白さを保つことができます。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行います。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの相乗効果で短期間で歯を白くし、効果を長持ちさせることが可能です。

費用に関して

オフィスホワイトニング 15,400円
(2回目以降:14,300円)
ホームホワイトニング 33,000円

※上記は全て税込価格となります。

よくある質問

歯科医院のホワイトニング薬剤は過酸化水素もしくは過酸化尿素が含まれており歯をより白くする効果があります。過酸化水素もしくは過酸化尿素は歯科医師免許が必要になるため市販のホワイトニング剤には配合できません。 ホワイトニング剤は、歯の表面のエナメル質を保護するペリクル層を分解するため歯への刺激が伝わりやすい状態になります。そのため人にもよりますがしみて痛いと感じる場合もあります。 ホワイトニング剤の主成分はオキシドールと同じ成分のため身体への悪影響はありませんが妊娠中や授乳中の方は控えた方が良いです。 大きな虫歯や歯周病がある方、神経を失った歯、人工歯、重度の知覚過敏歯はホワイトニングできません。 天然歯は透明感があり、ホワイトニングは天然歯の着色を分解する施術のため不自然な歯の白さになることは一般的にはありません。
pagetop