〒530-0036 大阪府大阪市北区与力町6-23
WEB予約

歯周病治療

Periodontal

歯周病治療|大阪市北区にある歯医者 - 本家歯科医院

歯周病について

歯周病

歯周病とは歯周病菌による感染症であり、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けていく病気です。現在成人の約80%が罹患しており、抜歯になる原因の第1位です。

歯周病の特徴は、痛みがなく静かに進行していくことです。
歯ぐきに炎症が起き、歯との間「歯周ポケット」が深くなっていくと、腫れたり、グラグラしたり、ものが噛めなくなり、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病は、多くの大人がかかっている病気ですが、子どもも歯周病にかかります。
子どもの場合、多くが歯肉炎ですが、深刻でない子どもの歯周病もそのままにしておくと大人になってから歯を失う原因となる歯周病へ移行してしまう可能性があります。

近年、歯周病は大切な歯を奪ってしまうだけでなく、全身疾患とも深い関わりがあることがわかってきました。
歯周病菌が肺や血液を通じて全身をめぐり、糖尿病や動脈硬化、肥満などさまざまなトラブルを引き起こすことがあります。

このように、歯周病は口だけでなく、全身の健康の面からも、早期発見や予防が大切とされています。

こんなお悩みありませんか?

歯周病

  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする
  • 歯を磨いた時に血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
  • 硬いものを噛むと痛む
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする
  • 歯がグラグラする
  • 歯が浮いているような気がする
  • 歯ぐきが赤く腫れる、膿が出る

上記の症状にあてはまる方は、歯周病の可能性があります。お早めにご相談ください。

歯周病の原因

歯周病の原因は、大きく2つに分けられます。

プラーク(歯垢)

歯周病の直接の原因はプラークです。
プラークは多くの種類の細菌が増殖してかたまりとなったもので、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取したりすると、細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面に付着します。
プラークは粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。

また、歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。これはブラッシングだけでは取り除くことができません。
歯周病細菌は酸素の少ない場所を好むため、主に歯周ポケットの中に存在します。
そして、毒素や酸素を放出して歯周組織を破壊していき歯周病が進行していきます。

リスクファクター(危険因子)

歯周病の直接の原因はプラークですが、「口腔内の環境」や「生活習慣」の中には間接的に歯周病を悪化させるリスクファクターと呼ばれる危険因子が潜んでいます。
歯周病が生活習慣病の一つといわれるのはそのためです。

歯周病を進行させる因子

  • 糖尿病
  • 喫煙
  • 歯ぎしり、くいしばり、噛みしめ
  • 不適合な詰め物、被せ物や入れ歯
  • 不規則な食習慣、ストレス、全身疾患(骨粗鬆症、ホルモン異常)
  • 長期の薬の服用、免疫抑制剤を飲んでいる(免疫低下の状態)
  • 部分的に歯がない
  • 両親が若い時から入れ歯だった
  • 口で呼吸することが多い

このような方は歯周病になりやすかったり、進行が速い傾向にあったりします。
歯周病予防には、適切な歯磨きでプラークを取り除くことが基本ですが、歯周病のリスクファクターを少なくすることも大切です。

歯周病の進行症状

健康な歯周組織

健康な歯周組織

  • 薄いピンク色の歯肉
  • 歯と歯の間に歯肉が入り込んで弾力がある
  • 歯肉が引き締まっている
  • ブラッシングでは出血しない
歯肉炎

歯肉炎

歯肉に炎症が起き、ブラッシング時に出血します。

  • 赤く腫れた歯肉
  • まだ骨は溶けていない状態
歯周炎

歯周炎

歯肉炎が進行すると、歯周病菌が顎の骨にまで達しています。
歯周ポケットが深くなり、歯はグラグラしはじめます。

  • 赤く腫れた歯肉
  • 口臭がきつくなる
  • 骨が溶けている状態
歯周炎(重度)

歯周炎(重度)

顎の骨が半分以上溶けています。
歯周ポケットがかなり深くなり、歯は更にグラグラの状態になります。
ここまでくると、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。

  • 赤紫色歯肉
  • ブラッシングで出血や膿が出る
  • 歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まる
  • 歯肉が退縮して歯が長く見える
  • 歯を支える骨がほとんど溶けきっている状態

歯周病の治療方法

掃除指導

STEP 1掃除指導

現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解した上で、正しいブラッシング方法を学んでいきます。

不適合補綴物の除去

STEP 2不適合補綴物の除去

不適合補綴物とは詰め物、被せ物が歯に合っていない状態のことです。歯と詰め物、被せ物の間に隙間ができていたり、段差になっているとそこにプラークが溜まりやすく歯周病の原因になるため、除去することによって清掃しやすい環境を作ります。

スケーリング

STEP 3スケーリング・ルートプレーニング(歯石除去)

STEP1と同時並行で進めていきます。歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したものです。
歯に付着しておりそれ自体の病原性はありませんが、表面がでこぼこしていて、歯垢が付きやすいため、一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。痛みがある方は麻酔をする場合があります。

フラップオペレーション

STEP 4フラップオペレーション

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合には、ポケットの外から器具で歯垢や歯石を取り除くことは不可能です。このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯垢や歯石を取り除きます。

メンテナンス

STEP 5メンテナンス

治療が終わった後に継続して、良い状態を維持することをいいます。そのためには、歯科医師のチェックと歯科衛生士による専門的なお口の清掃(クリーニング)を定期的に行います。
最低でも半年に1回は定期的にチェックを受けましょう。進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヶ月のサイクルで来院し安定した歯ぐきの状態を管理していくことが大切です。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法

今までの歯周治療では、歯が抜けてしまう前に、これ以上病気が進行しないように止めることだけで元の状態に戻すことはほとんど不可能でした。
ところが最近では、歯周病により破壊された歯の支持組織を再生させ、歯を出来るだけ元の健全な状態に戻す治療法があります。この治療法を歯周組織再生療法といいます。

大変魅力的な治療法ですが、すべてのケースに適応できるわけではありません。 詳しくは一度ご相談ください。

よくある質問

歯周病はサイレントディジーズと呼ばれ、痛みもなく静かに進行していくことが多いため、気付いたときにはかなり症状が重くなっているケースも少なくありません。また、毎日歯磨きをしているからといって安心することはできません。初期段階では目立った自覚症状が少ないため、毎日のセルフケア以外にも定期的な検診が大切です。

歯周病予防の第一歩は、的確なセルフチェックからはじまります。
継続的にセルフチェックを行い、ひとつでも当てはまるものがある場合は、できるだけ早い時期の検診をおすすめしています。

セルフチェック

  • 歯ぐきの色が赤い、もしくはどす黒い
  • 歯と歯の間の歯肉が丸く、腫れぼったい
  • 疲労やストレスを感じると歯肉が腫れやすい
  • 歯肉が退縮して、歯と歯の間にすき間ができてきた
  • 歯が長く伸びたような気がする
  • 歯の表面を舌でなぞるとザラザラする
  • ブラッシングのときなどに歯ぐきから出血しやすい
  • 朝起きると口の中が苦く、ネバネバしている
  • 歯がグラグラと揺れ動く
  • 歯と歯の間に食べ物が挟まりやすい
  • 上の前歯が出てきたような気がする
  • 人から口臭があると言われる
口臭は自分自身ではなかなか気づきづらい症状です。
口臭の種類には、「生理的口臭」「病的口臭」「外因的口臭」「内因的口臭」があり、そのうち「病的口臭」の原因のひとつとして歯周病があげられます。
歯周病による口臭の主な要因は、歯周ポケットと言われています。歯と歯ぐきの間には、1~2mm程度のすき間があり、ここに歯垢(プラーク)がたまると、歯ぐきに炎症が起こって、すき間の溝が深くなっていきます。これが歯周ポケットです。歯周ポケットは歯垢がたまりやすく、臭いを放つケースが多くなります。
歯磨きをしたからと言って、歯に歯垢(プラーク)が残ったままでは意味がありません。しっかりと歯垢(プラーク)を除去するには、正しいブラッシングを続けることが大事です。歯と歯の間などブラッシングだけでは磨ききれない場所もあります。当院では歯磨き指導も行っておりますので、正しいブラッシングを身につけることをおすすめしております。デンタルフロスあるいは歯間ブラシなどの補助用具を使用するのも大切です。 感染します。
歯周病は、歯垢(プラーク)の中の歯周病菌による感染症です。
歯周病菌は、空気を嫌う嫌気性菌のため歯と歯ぐきの間で繁殖し、唾液の中にも含まれています。そのため、親が子どもに口移しで食事を与えたり、箸やスプーンを共用したり、直接唾液にふれるキスをしたりすると感染する可能性があります。
一般的に子どもの口内は大人と比べて細菌が少ないため、歯周病菌の影響を受けやすく、感染する可能性が高いと言われています。感染してもすぐに歯周病を発症するわけではありませんが、その人のもつ抵抗力や口腔ケアのレベルにもよるので、きちんとケアし発症リスクを抑えることが大切です。
pagetop