〒530-0036 大阪府大阪市北区与力町6-23
WEB予約

インプラント治療

Implant

インプラント治療|大阪市北区にある歯医者 - 本家歯科医院

インプラント治療について

インプラント治療

インプラントとは、厳密には人の身体に埋め込む人工物のことを言います。歯科診療に用いられるインプラントは、「デンタルインプラント」と言いますが、近年は歯科におけるインプラント治療が一般的になっており、単にインプラントと呼ぶことが多くなっています。

インプラント治療とは、歯を失った箇所に人工の歯根(インプラント)を埋入し、歯を補う治療法です。従来は、歯を失った治療法としてブリッジや入れ歯が一般的でしたが、近年はインプラント治療を希望される患者様が増えています。歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。「インプラントと差し歯は何が違うの?」という方も少なくありませんが、差し歯は歯根が残っている状態で行う治療であり、インプラントは抜歯が必要になった時(歯根がない)に行う治療法です。

こんなお悩みありませんか?

女性

  • 最近、固いものが噛めない
  • 奥歯がないので、他の歯で噛んでいる
  • 入れ歯があっていない(痛い)
  • 他院で治療が難しいと言われた

上記のお悩みに一つでも当てはまる方は、お気軽にご相談ください。

インプラント治療のメリットとデメリット

メリット

  • 両隣の歯を削る必要がない

    隣の歯に装置がかからないので、単独で歯の修復が完了します。

  • 残っている歯に負担がかからない

    噛む力を顎の骨が直接受け止めるので、他の歯に過剰な負担がかかるのを防ぐことができます。

  • 違和感が少ない

    入れ歯のような留め具がないので、自分の歯と同じような感覚が得られます。

  • 見た目が自然

    「歯ぐきから歯が生えている」状態を再現できます。

デメリット

  • 手術が必要

    日帰りで1~2時間程度の手術が必要になります。

  • 治療に時間がかかる

    インプラントを入れたあとは、骨と結合するまで待たないといけません。症例によりますが、診断から治療終了まで6~12ヶ月くらいかかることが多いです。

  • 保険適用外となる(自費診療)

    治療費は10割負担になるため、保険治療と比較して高額になります。

  • 清掃に慣れが必要

    インプラントは歯根よりも細いので、歯ぐきとの境目に段差ができやすく、汚れのたまりやすいゾーンがあり、磨き方にコツが必要な場合があります。

インプラントとその他治療の違い(入れ歯・ブリッジ)

入れ歯の特徴

入れ歯

ご自身で付け外しをして管理する入れ歯です。歯ぐきを覆う部分はプラスチックでできており、残っている歯に留め具がかかります。
取り外しが必要になり、面倒に思う患者様も多いです。

ブリッジの特徴

ブリッジ

歯を失った部位の両隣の歯を削って被せ物にして、欠損部にはダミーの歯を作り、それらがつながったものを歯に接着する方法です。
健康な歯でも削る必要があり、自分の歯にかかる咬合力も1.5倍になるため、歯が悪くなりやすいです。

インプラント治療の流れ

1

検討

治療前の検討

レントゲン写真や歯周病検査の記録、歯型の模型などをもとに、どの位置に何本インプラントが必要かを検討します。

2

3Dシミュレーション

3Dシミュレーション

CT撮影等を行い、顎の骨がインプラントに適した状態か、どのインプラントをどういった術式で埋入すべきか等をシミュレーションします。

3

カウンセリング

検査結果を元にカウンセリング

①②で得た資料とシミュレーションをもとに、インプラントの治療計画を作成し、患者様の希望も聞きながら最適なプランをご提案します。
また、この時点で詳細な料金のお見積もりや、治療にあたっての細かい注意事項をご説明し、患者様の意思の再確認を行います。

4

サージカルガイド

サージカルガイドの作製

必要に応じて、3Dプリンターを用いてサージカルガイドを作成します。
サージカルガイドは穴のあいたマウスピースのような装置で、ガイドを用いるとCTシミュレーション上のインプラントの位置・角度を実際の口の中で正確に再現することができます。

5

手術

インプラント手術

インプラントを入れる手術を行います。
支えとなる骨が不十分な場合は、他部位の骨や人工骨を移植する術式などを併用することもあります。
手術は1回法と2回法があり、1回法ではインプラントの頭のパーツが歯ぐきから見えている状態で手術を終えますが、2回法の場合は歯ぐきの中にインプラントを埋めてしまって治りを待ちます。

6

骨の結合

インプラントと骨の結合

インプラントが周囲の骨と結合するのを待ちます。
患者様の骨の状態にもよりますが、2~4ヶ月くらいの期間がかかります。

7

二次手術(二回法の場合のみ)

歯ぐきを再度切開して、インプラントの頭の部品を取り付けます。

8

仮歯の作製

仮歯の作製

型取りを行い、仮歯(チタンの芯+プラスチック)を取り付けます。
この際に、噛み合わせや舌の違和感、頬を噛むなどといった問題がないかを確認し、調整します。

9

被せ物

被せ物の装着

再度型取りを行い、最終的な人工の歯を取り付けます。

10

メンテナンス

清掃方法の指導をさせて頂き、定期的なメンテナンスで管理していきます。

費用に関して

診断料 33,000円
治療費 385,000円~
(上限に関しては
骨を作るかどうかに
よって変わります)

※上記は全て税込価格となります。

よくある質問

残念ながら、先天性疾患等のよほど特殊なケースでない限り、インプラントは保険適用にはなりません。自由診療となりケースによってかかる料金も変わってくることがあります。 インプラントを入れるために顎の骨に穴を開けますが、直径4mm程度のものであり、それによって骨がもろくなるということはまずありません。逆に、インプラントで噛み合わせを回復することで、骨に適度な圧力が伝わり、周囲の骨が丈夫になることが知られています。これは入れ歯やブリッジでは得られないメリットと言えます。 インプラントはチタン合金でできており、十分な強度があるため、通常の噛む力で壊れることはまずありません。
ただし、前歯のインプラントの場合は、事故で直接ぶつけてしまうと破損や骨折のリスクがあります。これは天然の歯の場合と同じです。奥歯のインプラントであれば、そのリスクはまず無いと思います。
虫歯があっても、歯磨きがしっかり身についていればインプラントは可能です。歯周病がある場合には注意が必要です。インプラントは、天然歯以上に歯周病になりやすく(インプラント周囲炎といいます)、歯周病治療をしっかり行った上でインプラント治療を開始します。 通常のインプラントであれば、CT、MRIともに影響はほぼありません。喉や口底部、脳などの精密検査などにも全く影響しないのでご安心ください。
ただし、入れ歯を補助的に支えるためのインプラントで、磁石を組み込むタイプの場合に限っては、MRI撮影を行うとインプラントの周囲数センチにノイズが入ります。この場合は必ず事前にご説明しますし、検査前にネジ止めの磁性体パーツを取り外せば通常通りMRI検査を行うことができます。
基本的には普通に歯磨きして頂いて大丈夫ですし、電動歯ブラシも問題ありません。ただ、インプラントと人工歯の連結部分の形は天然歯と若干異なるため、歯ブラシの当て方や補助的な清掃用具など、少し工夫が必要な場合もあります。 必ずしも歯の本数とインプラントは同じである必要はありません。
例えば連続する奥歯3本を失った場合、真ん中の歯を省いて2本のインプラントで3本分のブリッジにしたり、清掃性を良くするために一番奥の歯を省いて手前2本にインプラントを入れたりすることも多いです。
また、失った歯の本数が多かったり、土台となる歯ぐきが極端に減ってしまった場合は、1~数本のインプラントを埋入して、入れ歯を補助するための支えとして利用する場合もあります。
状況や予算に合わせて、インプラントの活かし方は様々であるため、来院時にご相談ください。
pagetop